人気ブログランキング |

<   2010年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

童顔と巨乳について

今日のいいとも見ましたか?

テレフォンショッキングは酒井若菜でしたね。

私リアルタイムで見てたんですがもうやばいね。かわいすぎ。

増刊号もみなきゃいかん。

若菜はさほどテレビ出演も多くなく、でてもちょい役が多いのですが
今日のはやばかったね。

最近であれば篠崎愛がかわいいね。



つまりは童顔巨乳が好きなのである。
ロリと説得力がある胸。
もうそれだけでおなかいっぱいです。
by music-worm | 2010-01-12 20:45

酒と煙草

酒と煙草。
最近は分煙化が進んだりタスポが必要になったり、飲酒運転の処罰がかなり厳しくなったりと
なんとなく退けられている傾向にあるのだが、
この二つはビジネスにおいて欠かせないツールの一つである。


まず、煙草について述べよう。
タバコ休憩なるものがほとんどの会社で存在するのではないだろうか。
タバコ休憩用の薄暗く煙のかかった小さな部屋でこそ生まれるものもきっとあると思う。
上司、部下の関係でも、社内ではできない世間話などができ
何かしらの一体感が生まれ作業が円滑に進むのである。
知らない人同士がいても例えば「火貸して」 「ありがとう」の次の言葉には他愛もない話題から
入り、相手のことを知ろうとする。そのとりとめのない話が
引いては自分に影響を与えることは多分にあるといえる。



次にお酒だが、これは酔うと普段言えないこともでてくるからおもしろい。
こればかりは自分で経験してもらわないとわからない。
また、酔い方というのが千差万別でおもしろい。
普段大人しく業務をこなすひとでも黒霧島3杯で、交差点上でクロールをするのである。
きりっとしていてバリバリ業務をこなす課長でもちんこを丸出しにし
男衆に粗末なちんこを見せびらかすのである。
見せびらかすほど立派なものを持っているのかと思うと存外そうではない。
ただただ普通の粗チンなのである。

いつかこの課長に怒られたときには「うるせぇ!!この租チン野郎」
と心の中で思ったことはもはやいうまでもない。
しかしお酒を一緒に飲んだからこそ見えた一面である。
そこにはいくら租チンの持ち主といえど親近感がわいたものである。


少し話がずれたのだがこの二つのツールをうまく活用すればやはり業務は
良い方向へ変化してくると思う。




まぁおれ タバコ吸わんけど・・・
そして酔ったからってチンチンださんけど。
by music-worm | 2010-01-12 18:41

麻雀について

人生とは麻雀のようなものだ。


仮に安い手であろうと、高い手であろうと
一つ一つの牌の取捨選択により自身の人生は変わってくる。



まずは「生まれ」で配牌が決まる。
生まれとは親や兄弟の有無、年代、地域など多くの条件がとり揃う。
その時点でもっともあがりやすい手というのはすでに見えているのかもしれない。

次に、人が成長していくにつれて積っていく(ツモっていく)もの
(友人や学術、部活など)を自分の中で考慮、判断し
自分の中にある牌を捨てなければならない。
そこでの「捨て」の判断がいかにその後の人生に結果的に影響してくるものであろうとも
個人の大きさによって捨てなければならない。
そして自分が捨てたものはまたツモることはあっても決して自分の手元から拾うことはできない。
また、何度もやってくるツモと捨ての繰り返しの中で自分のあがる手を
ある程度決めておかねばならない。
比較的あがりやすい手でいくのか役満狙いでいくのか。
コツコツと、そして虎視眈々と自分の決めた道を狙っておくのである。

しかし、自分の目測だけでは測れないものが麻雀なのである。
どこかで誰かが泣いて盤上を狂わせる。
泣くだけならまだいい。「ロン」などいって設計を大幅に狂わせるのである。
また、いくらどんなに気をつけていてもツモられて親っ被りなどを喰らったときには
泣くにも泣けないことであろう。
だが、そこにこそ麻雀の真のおもしろさがあると思う。

そういったことも含めて慎重に事を進めていくのか、奇異な行動で
盤上を翻弄するのか、それもまた個人の自由である。




さて、ひとつ手を決めてひた走るのがいいのか。
いくつかの手を残して選択の幅を利かせておき
ギリギリになってどれもできなくなるのがよいのか。


そればかりは誰にもわかるまい。
by music-worm | 2010-01-12 01:40